錠剤タイプがおすすめ

the drugs

ラシックスには錠剤タイプや細粒タイプ、注射タイプなど、色々な種類があります。
ラシックスジェネリックであるフロセミドは錠剤タイプなので、まずは錠剤タイプから始めてみて下さい。
錠剤タイプには10mg、20mg、40mgと配合量の違うものが3つほどありますが、
まずは少ない量から試してみて、自分の身体に合った量を決めましょう。
フロセミドならラシックスと同じ成分を持ち、同じ効果を発揮するのにラシックスより非常に安く購入できるので、
色々試してみるならフロセミドがおすすめですよ。

ラシックスやフロセミドは即効性に優れた薬です。
服用後1時間もすれば効果が現れ、6時間ほど効果が続きます。
飲むタイミングはいつでも大丈夫ですが、朝起きてすぐがおすすめです。
朝起きてすぐ効果を実感したいという人はつい夜に飲みたくなるかもしれませんが、
夜にラシックスやフロセミドを飲んでしまうと、強い尿意で夜中に何度も目覚めることになります。
睡眠不足は自律神経のバランスを崩してしまい、結果的にむくみに繋がってしまうので、
朝目覚めてすぐに服用し、外出時にピークで効果が出るようにしておくと良いと思います。
やはり利尿剤ということでトイレに行く頻度も増え、特に服用してから1時間~3時間はピークだと言われています。
朝すぐに飲んでしまえば、外出前に自宅でトイレを済ませておくこともできますね。
ラシックスもフロセミドも、通販で簡単に購入できますよ。